中3生、総合ABCも大切ですが、中間・期末テスト対策も同時進行で!

総合ABCテスト、中3生にとって「総合」なる名称のテスト、受けたことのない
未知のテストではありますが、学校によっては過去の総合ABCテストをやらせている
学校もあるので、想像はつきますし、夏休み明けの実力とかけ離れたものではありません。

範囲が広いので対応が難しく、何から手を付けていいのか不安ではあるでしょう。
しかし、必要以上に焦る必要はありません。5段階評価の成績に直結していないので、
入試のための総復習、リハーサル、模試をしてくれている。
何が弱点で、今後何を強化すべきか?が分かり、対策が出来ます。
A<B<Cとどんどん点数を上げていけばいいのです。
Cテストにしても実施は11月。本番の入試は3月!たっぷり3カ月以上あります。
C以降に実力がつき、目を見張るほど点数が伸びる生徒もいます。

総合Cテスト(11月9日)以降は、学校では実力を試すテストがありません。
自分の実力にの伸びや指導校までの距離が分からないので、「北海道学力コンクール」
などで、合格判定テストを受けることをお勧めします。伸びていても気づかないのは
もったいないですし、点数が足りなければ対策も打てます。
2016 道コン年間出題範囲.png
11月27日(日)第4回 中3のみ
 1月11日(水)第5回 中1~中3
 1月28日(土)第6回 中3のみ
※当トップランナーの生徒は2,500円、塾生以外は3,200円で受験可能です。

総合ABCテストばかりに気を取られて、今授業でやっている内容の予習・復習をおろそかに
しないでください。2学期の中間・期末テストは内申点に影響します。
3年生は「3倍」です。評定3を4に上げると内申点が3点増えます
志望校に対し内申点がボーダーの場合、内申点を上げることが最も重要なことです。

1年・2年・3年と成績が下がってきながらのFランクと
1年・2年・3年と成績が段々上がってきたFランクとでは、教師に与える印象も違って
内申書の文章表現も変わってくることがあります

実力をつけて3月の入試で合格点を取るまでにはまだ6カ月ありますが、
2学期の内申点評価の中間・期末テストは待ってくれません!
生徒の本人にとってどちらが優先順位が高いかは、その生徒の成績の内容・中身で
それぞれ変わってきます。
総合ABC、中間・期末まんべんなく頑張れるのであれば、両方で高得点を取る!
内申が足りなければ中間・期末重視で!
内申に十分余裕がある場合や、当日点重視の学校の場合は総合ABC重視!

と、戦略も変わってきます。

それぞれの生徒の状況・内容・志望校に合わせたプランニング・プロデュースを
トップランナーで!

ぜひお気軽にお問合せください。
TEL 0138-83-6468
電話勧誘・教材販売は一切ございません
北海道函館市花園町21-11 2階

ホームページ
http://toprunner0138.jp/

[ここに地図が表示されます]






この記事へのコメント